包茎治療・包茎手術【優良クリニックランキング】

美味しい新発見が楽しみ

昨年末に県外から引っ越ししてきて今一番の楽しみは、美味しいお店を新規発見することです。

 

主にパン屋と洋菓子屋を巡ってますが、新しい土地には新しい出会いがいっぱいでとても嬉しいです。

 

ちょっと小さめのお店なんかは丁寧な美味しさがあったり、地域密着型の老舗なんかは懐かしい味がしたり、いつも発見があり飽きません。

 

 

普段は一人で行動しているので、パン屋さんなどだけですが、最近知り合った人と今度カフェに行く予定になりました。

 

その目的は紅茶でアフタヌーンティーを楽しむこと!

 

知り合った人も紅茶が好きで、いろいろ紅茶の美味しいお店を教えてもらっていたのですが、普段は中々行けないとのこと。

 

せっかくだしお茶しましょうということで、常々憧れていた、あの三段ついてくる紅茶のセットを体験しにいこうということに。

 

あの三段重ねですよ!

 

一段目はサンドイッチ、二段目は焼き菓子やスコーン、最上段にスイーツの乗った、あのよく映画や雑誌で見かけるセレブな時間!

 

遂にそれが体験できるのかと今からわくわくしています。

 

 

 

普段はカフェなんかは行かないので、これからその人といろんな所に行けそうで、なんだか視野が広がりそうです。

 

新天地で慣れないことも多々ありますが、ちょっとした楽しみでこの土地でもやっていけそうだと思ってます。

 

包茎手術【包茎治療の優良クリニックの比較ランキング】

辛かった術後の我慢

辛かった術後の我慢

 

私は先日、包茎手術を受けてきました。

 

本当に長年悩んでいたので、思い切って手術を受けて本当に良かったと思っています。

 

素晴らしい先生や看護婦さんに恵まれて、無事包茎手術は大成功に終わったのですが、一つだけ非常に辛い事がありました。

 

 

 

その辛い事とは、術後は自慰や性行為が一切禁止されているという点です。

 

薬などで性欲を起こさせないようにはなっているのですが、やっぱり日頃の習慣でしょうか、夜になると性欲がこみあげてきてしまいます。こればかりはどうしようもありませんでした。

 

しかし、傷口が開いてしまったり、下手したら感染症などを起こす事なども考えられるので、やはりそのような行為はしないに越したことはありません。

 

 

 

何だかんだで1か月間を無事乗り切り、解禁になった時は本当に何より嬉しかったのを思い出します。

 

しかし、何より嬉し方のは包茎でなくなった事です。

 

これで人前でこそこそとあそこを隠したり、彼女に対して引け目を感じなくて済みます。

 

今までの暗い人生に決別して、これからは明るく前向きに生きていきたいと思います。

 

今では、手術をして下さった先生はもちろん、優しく接してくれた看護婦さんや、事務の方々皆に感謝しています。

私は真性包茎なので包茎手術をして包茎を治しました

男性の性器が皮でおおわれてしまうことを包茎と言います。

 

そして男性の性器は通常は性器を覆っている皮から剥き出しの状態になっているのですが包茎の人は性器が皮に覆われているかほとんど覆われてしまっています。

 

そして包茎の程度にも数種類あり、主なものとして真性包茎、仮性包茎があります。

 

 

 

そして真性包茎とは男性の性器が完全に皮に覆われてしまっている状態でしかも性器を皮から手で剥き出すこともできない状態の包茎です。

 

一方仮性包茎とは男性の性器が勃起時の時が皮から剥き出しの状態になっていますが、通常時の時が皮に覆われてしまっているかほとんど覆われてしまっている状態の包茎です。しかし仮性包茎の場合は手を使えば皮から剥き出すことは可能です。

 

 

 

そして包茎であることが一番困る場面というのは女性との営みの時です。

 

そして仮性包茎であればやり方によってある程度ごまかしが効きますが、真性包茎の場合は女性との性交渉をすることができません。

 

そのため真性包茎の人はいますぐに包茎手術をして包茎を治療する必要があります。

 

 

 

そして私も包茎でしかも真性包茎でした。そのため私は女性と交際したかったのでクリニックに行って包茎手術をして包茎を治しました。

自分で行う包茎治療

人によりけりかもしれませんが、「包茎で悩んでる」とは軽々しく言えないと思います。

 

包茎は時に差別的な用語として使われたりもしています。

 

悲しいです。

 

「包茎=カッコ悪い」や「包茎=男性じゃない」という間違った考え方が氾濫しているせいだと思います。

 

これらはすべて、でたらめな認識です。

 

 

 

私が学んだことのある包茎の知識は、真性包茎と仮性包茎というものがあるということです。

 

真性包茎の場合でも自分自身で仮性包茎になることが出来、自然に治る人もいます。

 

包皮口の狭い・広いと癒着の状態がポイントになりますが、自然治癒できる真性包茎もありますので、希望を捨てないでほしいと思います。

 

 

 

では、治療はいつ行うのがベストなのでしょうか。

 

その答えは「早ければ早いほどいい」です。

 

小学生でそろそろオナニーを覚えるというぐらいのタイミングがいいと思います。

 

 

 

私は女性なので”自分で剥く”ということがあまりピンと来ないのですが、やはり清潔な手で行うべきですね。

 

バイ菌が入ったら違う病気にもなりますから。

 

あまり過剰に剥くと皮膚への刺激にもなりますから、無理は禁物だと思います。

 

 

 

女性は女性で悩みはありますが、男性も男性で大変だと痛感しています。

 

包茎治療の道のりは険しいかもしれませんが、応援しています。

誰にもばれずに包茎手術を受けたいなら

包茎の悩みを解消すべく包茎手術を受けようと思った時、まずはどこのクリニックを選ぶのか、その点が気になりますね。

 

近くに包茎手術に対応したクリニックがあれば通ってみたいと思いますが、家の近くですと友人知人に見られる可能性もないとは言えません。

 

友人知人にクリニックに入っていくところを見られてしまうと、包茎治療を受けたことがばれてしまい、恥ずかしい思いをすることになりますね。

 

 

 

確かに包茎手術専門のクリニックに行くときにはかなり神経質になってしまいますが、中にはビルに入居しているクリニックも存在していますので、そのような形態のクリニックを選ぶことによって万が一友人、知人に見られてしまった時でもごまかすことができます。

 

 

 

ただし、どうしても誰かに見られたくない、疑われたくないと思うようであれば、自宅から少し離れたクリニックや都心部のクリニックに通う必要も出てきます。

 

 

 

包茎手術は手術方法によっては、その日のうちに手術が行えますし通院する必要もありませんので、遠くのクリニックでも通院費用を考えることなく手術を受けることができます。

 

 

 

またクリニックによっては、遠方から来院した場合、その費用をサポートしてくれるところもありますので、安心して利用できるでしょう。